セミナー講師インタビュー

TOP > 来場のご案内 > セミナー講師インタビュー

セミナー講師の方々からの「来場のススメ」

ぜひ参考の上、ご来場ください!

❝最新技術・サービスに触れ、また、第一線の有識者の講演で気づきを得られる❞

― 実際に展示会場をご覧いただいた感想はいかがでしょうか  
「ここから総務が変わっていく!」、それが第一印象ですね。総務の方が真剣に、新サービスを探している。それはひとえに、会社に貢献し、会社を変えていこうとする意欲の表れ。年々、出展社も来場者も増えていくのを見ていると、会社を変えていく総務が着実に増えている感じがします。本イベントのますますの発展を、総務業界に身を置く者として、期待したいですね。

― 企業・官公庁・自治体の総務部門の方々にとって本展はどのような場でしょうか
まさに、会社に、組織に貢献する武器を探す場ではないでしようか。その業界の最先端企業が、選りすぐりの商材・サービスを紹介する場ですから。最新の商材やサービスの情報収集もさることながら、数多くのセミナーが有益ですね。それぞれの分野における、現段階の最先端の専門家の話が、それも多数聴講できるのですから、総務で必要な業界動向を全体感をもって体感できる場です。

― 今年の会場で探したい注目の製品・サービスはございますか?
DX系のサービスですね。コロナ禍により、総務においても在宅勤務ができる環境整備は必要です。もっと言えば、感染症のパンデミックは五年おきに生じるという話もあります。今回、しっかりと在宅勤務ができる環境整備をしておかないと、次きたときに、総務の価値が問われます。DX、ここに着目したいですね。

― まだこの展示会にご来場されたことのない総務部門の方々に一言お願いいたします。
仕事柄、多くの優秀な総務パーソンを取材しておりますが、みなさんの共通項の一つに、「外に出る」、というものがあります。もちろん、情報収集のためです。一方、戦略総務という言葉があります。その意味は、ずばり会社を変えること。その変えるためのきっかけ、気づき、ネタを外に求めるのです。その格好の場が、この展示会。内にこもっているだけの総務では成果を上げられません。このような展示会で、最新技術・サービスに触れ、また、第一線の有識者の講演で気づきを得る。まさに、成果をあげる戦略総務の王道と言えるでしょう。月刊総務も展示会でブースを出しています。ぜひみなさんと月刊総務ブースで、戦略総務についてお話したいと思います。

 

❝企業が必要とする防災グッズ・サービスがこれだけの規模で一堂に会する機会は他に類がございません❞

― 実際に展示会場をご覧いただいた感想はいかがでしょうか  
2013年から毎年会場を回っておりますが、いずれのブースでも丁寧な説明をいただけ、かつ国内最大の防災展示会ということもあり、最新の防災グッズ・サービス情報を質・量ともにまとめて収集できる、大変優れた場として活用させていただいております。
また、いち防災グッズファンとしても、まさに「防災フェス」と言うべき催しで、毎年のEXPOを大変楽しみにしております。

― 企業・官公庁・自治体の総務部門の方々にとって本展はどのような場でしょうか
最新の防災トレンド・複数の導入検討商品について、情報と実物を用いた比較検討を一度に行える、大変効率的な防災情報収集の機会と思います。

― 今年の会場で探したい注目の製品・サービスはございますか?
毎年参加をし続けることで、
・はじめて市場に登場した最新防災グッズ・サービス
・リニューアルをした防災グッズ・サービス
などを全て拾い上げることを楽しみにしているため、
文字通り「全て」の製品とサービスを見て回りたいと思っています。

― まだこの展示会にご来場されたことのない管理部の方々に一言お願いいたします。
企業が必要とする防災グッズ・サービスがこれだけの規模で一堂に会する機会は他に類がございません。半日かけて会場内を見て回れば、防災担当者として知るべき各種のグッズ・サービスをまとめて学ぶことができますので、一度ご来場をいただくと防災リテラシーを効率よく高めることができます。ぜひご活用下さい。
また有意義なセミナーなども多くございますので、あわせてご覧いただければ幸いです。

 

❝人事に関する最先端の商品やテクノロジーが一度に見れる貴重な機会❞

― 実際に展示会場をご覧いただいた感想はいかがでしょうか  
展示会場はいつも楽しく見させていただいてます。
特に弊社とお取引のあるところはご挨拶がてら色々拝見させていただいています。多くの会社の展示は一度に拝見できるのは、比較検討のためにもよいことだと思います。
やはり有名な会社のブースは大きくて人員も多く配置されていますが、ブティック型の小規模の会社の展示がせっかくいい商品なのに、やや埋もれている感じはあるので、ブース装飾にかかわらずじっくり製品を見ていただきたいです。

― 企業・官公庁・自治体の総務部門の方々にとって本展はどのような場でしょうか
やはり御社の展示会は一同に最先端のテクノロジーや商品が見れますので大変勉強になっています。

― 今年の会場で探したい注目の製品・サービスはございますか?
この時期ですと在宅勤務やテレワークに対応する商品やアイデアです。それと評価システム等の展示にも興味がありますね。

― まだこの展示会にご来場されたことのない総務部門の方々に一言お願いいたします。
とにかく人事に関する最先端の商品やテクノロジーが一度に見れる場、という貴重な機会だと思います。
また出品される会社が多いので、飽きることがありません。
今の人事のトレンドを掴むうえでも絶好の場を提供いただいていると思います。

❝世界における同様なイベントと比較しても圧倒的な規模感❞

― 実際に展示会場をご覧いただいた感想はいかがでしょうか  
世界における同様なイベントと比較してしても圧倒的な規模感であり、内容も最先端のコンテンツが集まっている展示会場だと思います。

― どんな製品を導入されましたか?  
オフィスサービス、社員の福利厚生関連など

― 企業・官公庁・自治体の総務部門の方々にとって本展はどのような場でしょうか
企業の総務部は社外を見渡す機会も少ないので、限られた時間で効率よく多くの最新情報に触れられるReedJapanのイベントは非常に効果的で、結果的に成果を出すための時短となります。

― 今年の会場で探したい注目の製品・サービスはございますか?
やはり今年はテレワーキング関連、在宅支援のためのハード、ソフト両面のコンテンツでしょうか。一方で分散された社員へのケアやWELL、福利厚生関連は見逃せません。

― まだこの展示会にご来場されたことのない管理部の方々に一言お願いいたします。
最初の一回がハードル一番高いと思います。ただ一回参加してしまえば、2回目以降は参加せずには居られないでしょう。数年後には自分が想像できなかったくらいの成長(個人、チーム)が自然に起きています。

 

❝自社のニーズに合ったものを探すには担当者からの対面での説明が勝る❞

― 実際に展示会場をご覧いただいた感想はいかがでしょうか  
セミナー登壇の前後に展示会場を回りましたが、その規模と活気に驚きました。ネットの情報も豊富ですが、自社のニーズに合ったものを探すには担当者からの対面での説明が勝ります。また気になる製品を比較検討できるのも良かったです。

― 企業・官公庁・自治体の総務部門の方々にとって本展はどのような場でしょうか
最新のトレンドを理解する場です。

― 今年の会場で探したい注目の製品・サービスはございますか?
小さなスタートでいいのでHRアナリティクスを開始できるような製品や、簡単な操作で従業員によるセルフサービスができ、従業員と人事担当者の双方の業務時間短縮が図れる製品・サービスに注目しています。

― まだこの展示会にご来場されたことのない管理部の方々に一言お願いいたします。
4~5年前とは異なり、昨今は実用性の高いHRテック関連の製品・サービスが充実し、その発展のスピードは目を見張るものがあり、1年どころか半年で様変わりしています。大きなところは1社ですべてのサービスを提供しますし、小さな会社は自社の強みを活かしつつ、他社製品との親和性を高め汎用性を向上さし、組み込みやすい工夫をしています。去年までは不可能であったことが展示会場に来れば可能になっている、という経験をするかもしれません。

❝経理・財務に関連する先端のテクノロジー・ソフトウェアを実際に見て触れられる貴重な機会❞

― 実際に展示会場をご覧いただいた感想はいかがでしょうか  
経理・財務の先進的なテクノロジー・ソフトウェアをまとめて見て、体験できて、製品のプロフェッショナルに話を聞ける場であると思いました。

― 企業・官公庁・自治体の総務部門の方々にとって本展はどのような場でしょうか
経理・財務に関連する先端のテクノロジー・ソフトウェアを実際に見て触れられる貴重な機会だと思います。会計関連の新聞・雑誌・WEBの記事等により情報は得られますが、実物には触れられないため、このような多くの事業者のテクノロジーが集まる場は有用であると感じています。

― 今年の会場で探したい注目の製品・サービスはございますか?
経理・財務のリモートワークを拡大できるテクノロジー・ソフトウェアや経営分析を高度化するAI的なテクノロジー・ソフトウェアに注目しています。

― まだこの展示会にご来場されたことのない管理部の方々に一言お願いいたします。
会計EXPOは、本社の机の上では得られない知見が得られる貴重な場であると思います。先端のテクノロジー・ソフトウェアの知見を得て導入することにより、経理・財務のケイパビリティの向上につながると思います。

 

招待券 (無料) のお申込み

招待券には、展示会情報が満載!
展示会のみどころ、会場レイアウト図、
出展者企業一覧、講演プログラム ・・などを掲載

入場には1名様につき、招待券1枚が必要です。

招待券をお持ちでない場合、入場料 ¥5,000/人。

事前に招待券を請求の上、ご来場ください。